いつ見ても美しい 伊予宇和島城 の巻          2003.7.20
伊予宇和島城
 全国には現存天主を残す城が12城、そのうちの4城が四国にあります。香川の丸亀城、愛媛松山の松山城、高知の高知城、そして、愛媛の南にある宇和島城です。この天主はあの藤堂高虎により築城された三層の城、戦う城というより、見せる城といわれています。よく見ると「石落とし」もありません。
 朝一番にゴー、おそらくその日一番早く着いた私を待っていたのは、リラックスした?受付のおじさん!しかたないよな、この蒸し暑さ、じっとしていても汗がつら〜と顔をつたう。
 唐破風(アールの付いた屋根)と千鳥破風(真ん中の三角の屋根)がとても美しいです。何度来てもいい城でございました。
 帰りに、近くの商店街で、宇和島名物「じゃこてん」の揚げ立てを買い、食べながら歩きました。揚げ立て最高、宇和島最高、ジャコテン日本一っ。でも、こんな事をしているのは、私一人のようでした。

写真:左から 入り口、正面、内部