美作津山城と城東の町並みを行くの巻      2002.8.11
津山城

町並み

移城門
 大洲も一緒した友達が、前々から津山に行きたいといっていたので、一緒に行ってみる事にしました。城はちょうど備中櫓の工事中で基礎の途中でした。なので一部入れない所もあります。天守台まで行って、さあ、どうしようという事に成り、城の東側にある城東の町並みを探索することにしました。
 古い町並みはあるものの、雑然としているので、あまり期待していなかったのですが、町並みの東端に近くに来て、昔のガラスがユラユラと輝くひときわ大きな屋敷発見(城東むかし町屋)。見学自由と聞き、さっそく見学。昔藩札で一儲けしたという家は、シンプルながらも広い、豪華、美しいで、知らなかったのがお恥ずかしい限り・・・。蔵、茶室、庭、屋敷、どれもいいものです。屋敷広縁の床はウグイス張り、踏むとキュッキュッと鳴きます?いやあ、え〜もんみせてもろうたね〜。かなり楽しい2人なのでした。
 帰りは、吉井川に発着していた高瀬舟の船宿を改築した喫茶店で休憩。お店の人と話している内に、2階も見せてもらって、一段高い座敷は位の高い人が寝る部屋ですなどご教授いただき、けっこう楽しい津山でした。
 津山城の入場料210円、城東むかし町屋無料

写真:左から 城東地区の城東むかし町屋、座敷、津山城